SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の普及とともに、多くの人が
 Twitter Instagram
 Facebook YouTube
などの人気なSNS上で意見や情報を発信したり、ほかの人の投稿を見たりするようになりました。

そこで登場したのが、インフルエンサーです。
SNSを利用する人の中でも、とくに人気の投稿をしていたり、多くのファン(フォロワー)を持つような、SNS上で強い影響力を持つ人(=インフルエンサー)が登場したのです。

企業が、インフルエンサーに対して広告を依頼し、インフルエンサーがそれぞれのSNSのアカウントを通して製品やブランドを宣伝することで企業やブランドが知名度を高め、製品の売り上げを伸ばそうとする取り組みを、インフルエンサーマーケティングといいます。

インフルエンサーマーケティングとは、いわば、“企業やブランドと消費者をつなぐような関係性をつくりだすこと”です。

企業やブランドがものを売るときに苦労するのは、その関係性をつくりだすことなのです。
そこで、企業やブランドと、消費者との間に、その関係を作り出してくれる人が必要になります。
それが、インフルエンサーなのです!
彼らは消費者にとってより身近な存在として、企業やブランドと消費者を結び付けてくれます。

多くの人が共感できるのは
広告チラシでもコマーシャルでもなく
身近な「好きな人」「あこがれる人」
なのです。

2パターンのインフルエンサー

インフルエンサーの中には、テレビなどで活躍している芸能人も含まれます。
しかし、インフルエンサーマーケティングにおいて重要な役割を果たすのはどちらのインフルエンサーでしょうか?

パターン 1

かなりのフォロワー数がいる、
テレビや雑誌などで有名な芸能人。

パターン 2

そこそこフォロワー数が多く
SNS上で人気をもつ、
一般の人。

多くの人は、自分からかけ離れた、
遠い存在のインフルエンサーよりも、
より身近な人の意見に影響を受けます。
企業から広告としてメッセージを発信しても、
そのメッセージはなかなか届かないことがあります。
だから、「同じ消費者としての立場」から、
その製品やサービスに対する体験談や
口コミを発信してもらうのです!

Klearを使えば、検索の絞り込み機能を使って、
消費者に一番身近なインフルエンサーを見つけることが
できます!

インフルエンサーマーケティングを
することの
メリット

海外では一般的となりつつあるインフルエンサーマーケティング。
Twitter大国といわれる日本で、その影響力は計り知れないものになるかもしれません。
はじめるなら今です。

ブランド・製品を
知っている人が増える

SNS上で発信・拡散されることによって、そのブランドや製品の情報は、より多くの人に届きます。

製品のイメージが
わきやすくなる

インフルエンサーが実際に使用しているのを見ることで、その製品の使い方が一目で分かり、自分が使っているかのようなイメージを持たせることができます。

情報が広がりやすい

SNSでは、ほかの人の投稿をシェアしたり、リツイートしたりすることによって、ひとつの投稿をフォロワー以外の多くの人に拡散することができます。

外部リンクが増えることで
SEOを強化できる

インフルエンサーの投稿にURLをつけることによって、SEOの強化につながります。

身近な人の言葉なので
説得力がある

インフルエンサーは、あくまで、同じ消費者としての意見を投稿します。
その意見は普通の広告よりも絶大な信頼性があり、説得力をもちます。

その分野に興味・関心をもつ人に
ターゲットを絞れる

多くの人は自分の関心にあう投稿をするインフルエンサーをフォローしています。
つまり、同じ関心を持つ人たちに向けて、効率的に情報を発信していることになります。